UTMネットワークセキュリティ

不正侵入防止。危険サイトへのアクセスを防止。

近年はコンピュータウイルスにとどまらず、多くのマルウェアが報告されており、ネットワークのキュリティの強化を常に意識しなくてはならない時代となってきました。ネットワークが脅威に晒される確率があがるとともに、特に顧客の個人情報を扱う企業はその対策に相当なコストを掛けなければならなくなっているのが現状です。
UTMは、ファイアウォールや、アンチウイルス、アンチスパム、そしてWebフィルタリングなどの複数の異なった機能をもつセキュリティツールを一つのパッケージに統合し、全ての機能を一元的に管理することができるので、運用コストの低減と効率的なセキュリティ対策を実現することができます。

UTMネットワークセキュリティとは?

UTMとは「Unified Threat Management」の略語であり、日本語にすると「統合(的な)脅威管理」と呼ばれるものです。ネットワークの入口に設置するだけで、インターネットからの不正侵入防止や危険なサイトにアクセスすることを防止。導入・運用管理が簡単に行なえます。

UTMネットワークセキュリティ導入で解決できる事

  • ネットワークを外部の不正アクセスから守る(ファイヤウォール)
  • スタンダードなウイルス対策(アンチウィルス機能)
  • スパムメールやフィッシングメールをブロックする(アンチスパム機能)
  • ネットワークへの不正なアクセスや情報の持ち出しを検知遮断(IDS(不正侵入検知)機能)
  • 有害なサイトや悪意のあるサイトに閲覧制限をかける (ウェブフィルタリング)
  • 未知のアプリを検出したり、禁止されているアプリが起動しないよう監視。

UTMネットワークセキュリティ導入事例 -1

ご要望

「重要な顧客情報が社内PCに入っているので、何としても情報漏えいを防ぎたい」

背景・理由

顧客の個人情報を管理する上で、もしも情報漏えいが発覚した場合に賠償責任を追求されるので、会社でも対策をとる必要があるし、社員にもそれぞれ気をつけるように促したい。

UTMを導入し、レポートからセキュリティ対策支援することで、社員の意識向上へ。

ご提案

・ウィルス対策を施し、疑いのあるメール、webサイト閲覧を制限しました。
・ソフトウェアの脆弱性対策をしました。
・メールの取扱などのルールを設け、社内のセキュリティ意識向上を目指しました。

改善点

・既存UTM、既存ウイルス対策フトを含め、脆弱性管理のレポートを確認することで、古いブラウザをいまだに使用したり、アップデート更新を怠っていたりと、危険な状況が認識され、 それぞれの社員のセキュリティ意識の向上に向け、対策を講じられるようになりました。

UTMネットワークセキュリティ導入事例 -2

ご要望

「顧客の個人情報を守るためにかかるセキュリティコストを見直したい。」

背景・理由

顧客の個人情報など重要な情報を守りたいが、複数のセキュリティシステム管理しなくてはならず、かける時間と費用が膨大になってきている。

複数のセキュリティシステムをUTMに統合することで、一括管理が可能に!

ご提案

・疑いのあるメール、webサイト閲覧を制限しました。
・不要なメールの排除、不正な通信の検知できるようにしました。

改善点

・社内ネットワークの弱点を見える化したところ、脆弱性のあるソフトが見つかった。
・会社で、あらかじめ防御策を講じられるようになり、結果的にコスト削減に繫がった。かった。
・社員それぞれの認識内での甘いセキュリティ認識を認め、各々注意できるようになった。

chakramax

製造業 ~設計情報共有の活用~

UTM機能で不正アクセスをブロックすることにより、重要な設計情報流出など社内外のセキュリティの脅威からデータを保護します。

また、設計情報をオンラインストレージ機能で関係会社と共有し、必要な情報にタイムリーかつ安全にアクセスすることで、スピーディなものづくりを実現できます。

設計情報共有の活用